初心者でもすぐわかる!パチスロ(スロット)の仕組みとは?

スロットの仕組みを理解しよう

パチスロ(スロット)は正式名称を「回胴式遊技機」と言います。スロットにはノーマルタイプ(Aタイプ)、A+RT機、A+ART機、ART機、AT機など様々種類が存在します。
ではスロットの仕組みを知っていますでしょうか?

スロットは何故はずれと当たりがあるのか?
どうやって当たっているのか?
そもそもどういう仕組みなのか?

ご覧ください。

スロットの仕組みとは?

スロットはメダルを入れてレバーを叩いて小役が当たったり、ボーナスがあたったり、外れたり、派手な演出が出たりしています。
この内部の仕組みはどのようになっているのでしょうか?

乱数を取得して抽選を行っている

スロットはレバーを叩いた時に乱数(ランダムに出る数字の事)を取得して、抽選をしています。

この確率は機種ごとに決められており「2の〇〇乗」の数字になっています。

8,192→ 2の13乗
16,384→ 2の14乗
32,768→ 2の15乗
65,536→ 2の16乗
131,072→ 2の17乗
262,144→ 2の18乗

一般的なものは65,536になります。この65,536通りのものから1つをレバーを叩いた時にランダムに取得しているという事です。

イメージとしてはクジ引き

くじ引きに65,536個のクジが入ってるとして、それを引いているというイメージです。

アイムジャグラー(設定1)だとすると、この65,536個の中に

リプレイが8,977個
ぶどうが10,988個
チェリーが1,952個
ピエロが60個
ベルが60個
ビッグボーナスが228個
レギュラーボーナスが144個
はずれが44,017個

入っていて、この中からどれかを引いているという事です。


円グラフイメージ(見やすいようにしたので確率は異なります)

完全確率とは?

スロットは完全確率で抽選しています。完全確率とは毎ゲーム同じ確率で抽選しているという事です。

先ほどのクジを例にすると、1回引いたクジを捨てて65,535個から引くのではなく元に戻してごちゃ混ぜにし65,536個から引くという事です。
10,000回引いた後も同じで65,536個の中から抽選をしているのです。

つまり、前の抽選が何であろうと前々回の抽選であろうと関係がないという事です。

これが完全確率になります。

フラグとは?

この抽選を受けて、その役が成立している事をフラグが成立したと言います。

ぶどうが成立している抽選ではぶどうが揃います。
リプレイが成立している抽選ではリプレイが揃います。
チェリーが成立している抽選ではチェリーが揃います。(目押しが必要)

つまりボーナスのフラグが成立するとボーナスを揃える事が出来ます。

「ボーナスが成立したゲームに揃えないと消えてしまうの?」と思った方もいるかもしれません。
安心してください。ボーナスのフラグが成立するとボーナスを揃えるまで消えません。

天井とは?


スロットには天井機能というものが搭載されている機種があります(AT.ART機は、ほとんど搭載しています)

天井とは、簡単にいうとハマりの救済措置のことです。条件は機種によって様々ですが条件に到達するとほとんどの機種で当たりが確定します。(一部例外あり)

先ほどの抽選とは全く別物で条件を満たした時点で当たります。

スロットの仕組み まとめ

いかがでしたでしょうか?

スロットで大きく勝っている人はスロットの仕組み、完全確率を確実に理解しています。

「なぜ勝つことが出来るのか?」
「なぜ負けるのか?」

を理解する上での最初の一歩目の重要な項目になりますので、わけがわからなくなっても面倒くさがらず、しっかりと理解しましょう。

質問返答

質問、疑問

    • 記事(動画)をみてわかりづらかった
    • 新たに疑問が生まれた
    • わからない事があるので聞きたい

などあればメッセージを受け付けております。

動画を見てわかりづらかった場合は、何の動画をみたのかを【題名欄】に記載して頂けるようお願します。また、返信に時間がかかる場合もございます。予めご了承くださいませ。
問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 前回の記事はこちら(初心者でもすぐわかる!スロットの仕組みとは?) […]

  2. […] パチスロで勝てる仕組み 期待値の概念 機械割って何? ゲーム数狙いって何?簡易版 設定狙いについて […]

  3. […] (詳しくはこちらの記事をご覧ください→初心者でもすぐわかる!パチスロ(スロット)の仕組みとは?) […]