すぐわかる!お店のリセット傾向を把握する(傾向パターンまとめあり)

リセット傾向がわかれば大きく期待値が取れる!

ゲーム数狙いは天井狙いやゾーン狙いのなど様々な狙い方を説明してきました。

記事を見ていただいた方や狙い方がわかってる方は、宵越しで狙う時、リセットを狙う時など

お店のリセット傾向の把握が重要

になってくる事がわかったかなと思います。

例えば、据え置きなら期待値があるけどリセットだと期待値がない(またはマイナス)のような台があった場合は、据え置きかリセットかで期待値が全然違う結果になってきますよね?

もし、据え置きかリセットかがわかったら、、、

期待値が大きく変わってきますよね?

実は、このリセットと据え置きのパターンというのがお店によって存在します。

という事で「今回はお店のリセット傾向」について解説していきます。ご覧ください。

リセット傾向とは?

疑問4

リセット傾向というのは

お店が設定変更をどのようにかけるか?

という事です。

設定変更は、お店の人がします。そして、誰が行うかというと基本的には幹部(主任)や副店長、店長など立場が高い人が行います。

そして大人数ではなく、少人数です。

という事は、その人の設定変更のやり方があるわけですね。

また、系列店ごと設定変更のマニュアルがある場合があります。

このような理由からリセット傾向(設定変更のやり方)というのがある事がわかります。

また前提として高設定から低設定への設定変更以外のリセットの仕方の話になります。

お店のリセット傾向基本パターン

島
パターンはいくつかあり、複合されている場合もあります。まずは、どんなパターンがあるか見ていきましょう。

全台リセットをかける

設置されている機種全台をリセットをかけるというパターンです。全台リセットのお店は、リセット狙いやリセット恩恵のある台が有効になります。

機種単位でリセットをかける

メイン機種は全てリセット、バラエティは全て据え置き

などのようにリセットをかけるパターンです。これも様々なパターンがあります。

メイン機種といっても6台設置以上なのか、4台設置以上なのか、3台設置以上なのかは様々です。

また特定の機種のみかける場合もあります。

全台据え置き

リセットを全くかけないというパターンです。リセットをかけないので、宵越し狙いが有効になります。

ハマり台のみリセットをする

特定のゲーム数を越えたら閉店を迎えた場合のみリセットをするというパターンです。

400ゲームを越えたらリセット
500ゲームを越えたらリセット

などのようにゲーム数を一貫して決めているお店もあれば

Aという機種は500ゲームを越えたらリセット
Bという機種は300ゲームを越えたらリセット

などのように機種に応じてリセットをしているお店もあります。

新台のみリセット

新台としてお店に設置してから、一ヶ月間はリセットをかけるなどといった形でリセットをかけるという事です。

ランダムリセット

ランダムというのは、規則性がないという事です。ランダムに見えて実は微妙な設定の上げ下げ(設定1から2に変更したり、設定2から1へ変更したり)をしている事もあります。

微妙な上げ下げなので、中々読み取る事が出来ません。ゲーム数狙いをするのに一番やりにくいリセット傾向になります。

お店のリセット傾向(その他)


基本パターンと複合するリセット傾向になります。

イベントと平常営業

旧イベント日(7のつく日など)や雑誌のイベント日を他の日を分けているパターンです。イベント日だけ全台リセットをかけるが平常はハマり台だけリセットをかけるという風にしているという事です。

曜日で分ける

土日だけは全台リセットなどのように曜日でわけているパターンです。

設定師で違う

設定を変える人が複数いた場合、その人それぞれでリセットのやり方が違うというパターンです。

リセット傾向まとめ

いかがでしたでしょうか?
リセットの傾向は、様々ありますのがある程度のパターンは決まっています

リセット傾向を把握する事で期待値がかなり変わりますので、どれにあてはまるかを判断してリセット傾向を把握していきましょう!

質問返答

質問、疑問

    • 記事(動画)をみてわかりづらかった
    • 新たに疑問が生まれた
    • わからない事があるので聞きたい

などあればメッセージを受け付けております。

動画を見てわかりづらかった場合は、何の動画をみたのかを【題名欄】に記載して頂けるようお願します。また、返信に時間がかかる場合もございます。予めご了承くださいませ。
問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする