初心者でもわかる!ゾーン狙いが勝てる理由とは?

ゾーン狙いの期待値の説明できますか?

疑問

ゲーム数狙い(ハイエナ)の2つ目の勝ち方がゾーン狙いです。

天井狙いはわかっていても、ゾーン狙いがなぜ勝てるのかをしっかり理解していない人も意外といます。

「当たりやすいから勝てるんでしょ!?」という方は、しっかりと理解していない方です。

ゾーン狙いがなぜ勝てるのか?
ゾーン狙いはなぜ期待値がプラスになるのか?

をメインに解説していきます。ではご覧ください。

(ゲーム数狙い(ハイエナ)がわからない方はこちらをご覧ください→5分でわかる!パチスロのハイエナ(ゲーム数狙い)の勝ち方とは?

ゾーン狙いとは?


ゾーン狙いとは、主にAT機やART機で

ATやARTが当たりやすい特定のゲーム数だけを打つ

という立ち回り(やり方)になります。

当たるまで打つ天井狙いとは違い、ゾーン(当たりやすいゲーム数)で当たらなかったら打つのをやめるのです。ゾーンで当たらなくてもそのまま打つと逆に負けます。

ゾーン狙いで勝てる理由

サラリーマン番長 雫ステージ

ゾーン狙いで勝てる理由は

期待値がプラスになる特定のゲーム数があり、そこだけを打つので勝てる

からです。

では「何故プラスになるのか?」という事を今回はわかりやすいように単純に考えていきます。

前回の記事でAT(ART)の平均獲得枚数は決まっているという話をしました。

(まだみてない方はコチラ→初心者でもわかる!天井狙いで勝てる理由とは?

例を出して簡単な数字で見てみる

数字たくさん
ゾーン:200ゲームから250ゲーム
初当たり平均獲得枚数:600枚
コイン持ち:50枚あたり30ゲーム

という機種があるとします。ここでポイントとなるのは

・ゾーンでの当選率
・最大前兆数

になります。

ゾーンの当選率とは、そのゾーンがどれくらいの割合(%)で当たるのかという事です。今回は25%で計算していきます。

最大前兆数とは当たりが内部的に確定しても前兆で通常ゲームを回さなくてはいけないのでメダルが減ってしまう為、最大で何ゲームまで回さなくてはいけないというものを知る必要があるという事です。今回は260ゲームを最大前兆とします。

200ゲームから打ち出すと260ゲームまで回すので使う枚数は

60÷30×50=100(枚)

ですね!

当選率が25%なので平均期待値枚数は

600×0.25(25%)=150(枚)

つまり150-100=50(枚)がゾーン1回あたりの期待値になります。平均で+50枚勝てるという計算になります。(ゾーン以外にもレア小役や確定役などの当選がありますので実際の期待値は+50枚より多くなります)

これが期待値がプラスになりゾーン狙いで勝てる理由です。

(期待値がわからない方はこちら→期待値とは?

当選率は自分で出せるの?

矢印 右上がり

ゾーンの当選率を出すにはある程度のデータが必要になります。天井狙いと同様に調べてブログで配信されている方がいますのでブログを利用してしまいましょう!

ゾーン狙いまとめ

いかがでしたでしょうか?ゾーン狙いとは何なのか?ゾーン狙いが勝てる理由について理解できたかと思います。

ゾーン狙いのいい所は時間効率がいい事。そして、天井狙いより知らない人が多い事です。またゾーン狙いでも期待値が高い機種もあります。

ですので何故ゾーン狙いが勝てるのか、理論をキチンと理解して、ゾーン狙いを出来るようにしましょう!

質問返答

質問、疑問

    • 記事(動画)をみてわかりづらかった
    • 新たに疑問が生まれた
    • わからない事があるので聞きたい

などあればメッセージを受け付けております。

動画を見てわかりづらかった場合は、何の動画をみたのかを【題名欄】に記載して頂けるようお願します。また、返信に時間がかかる場合もございます。予めご了承くださいませ。
問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする